LINEオープンチャットについて。

各薬局から最低1名参加してください。

オープンチャットに入るときは自分が普段使っているアカウントとは別名で入れます。

”〇〇〇薬局 誰々”(例:きたかみ薬局 八重樫)のような名前で登録してください。

 

 

各薬局1名以上なので、複数人登録しても構いません。

自分のスマホで情報を受けたい人は同じ要領で”所属名 名前”。所属が無ければお名前だけの登録でもかまいません。

 

きたかみ薬剤師会オープンチャットはこちら↓

使用方法に関する疑問もチャットルームに直接書き込んで頂いて構いません。

もしくは、キセキレイ薬局 三浦までお尋ねください。

オープンチャット「きたかみ薬剤師会」


きたかみ薬剤師会オープンチャットの利用方法。

もともとの発想がデッドストックを減らすために、蚤の市へ気軽に出品できるような1つの手段として考えていたもので、薬局向けの内容がメインになりますが、そこから使用方法を発展させています。今後、通常のお知らせにも応用できればと思いますので、病院や個人の方にも入って頂けると幸いです。

1.少数の不動在庫を蚤の市として出品する。(大量にあるときは今まで通り一覧表で出品)

  1人の患者様のために急ぎで取ってしまった医薬品の残りをさばきたい時など、単品で画像付きで送れる。

2.探している医薬品を一斉にさがす。

  北上市内のどこかの薬局にはありそうだけどどこにあるかわからない時、一斉に尋ねることが出来る。

3.医薬品以外の余っているもの(分包紙やインクカートリッジ等々)も出品可能。

  レセコンの変更や機種変更で余っているものを処分したい時など。

4.通常の連絡事項、簡単に画像付きで通知できる。

きたかみ薬剤師会オープンチャットの利用のコツ・応用。

1.通知offにしておく。

通知音が煩わしい方は、通知をオフにして、自分の見たいタイミングで確認しても構いません。

基本的に送信は日中にしますが、急用で時間外、休日等に使われることも想定しています。

2.PC版LINEの利用。

逆に、常にLINEをチェックしたい時はPC版のLINEがありますので、お使いのPCにダウンロードして起動させておくこともできます。

私は薬歴PCにいつも立ち上げています。

これは遊んでいるわけではありません、メールをチェックするのと何も変わりません。